歴史ある風俗店

破壊力ならニーハイかな

単純に破壊力という点ではニーハイかなって思いますね。あれは裸よりも興奮します。だから風俗でニーハイに子と遭遇すると嬉しいんです。特にピンサロだといいですよね(笑)ピンサロだとシャワーがないので、衣装のまますぐにプレイになるじゃないですか。だからこちらの興奮も他の風俗のように一旦落ち着かず、臨場感のあるままプレイに突入しますけど、この前のピンサロでもそうだったんです。相手のYちゃんがというよりも、そのピンサロの衣装なんですかね。そこまではちょっとよく分かりませんが、彼女はニーハイだったんです。それでプレイが進むにつれて他の服は脱ぐものの、ニーハイだけは脱ぎませんでした。だから最後は裸にニーハイという形になったんですけど、それがまたそそられたんですよね(笑)裸にニーハイなんて、生まれて遭遇したことのないシチュエーションだったんです。それだけに、改めてニーハイの魅力に気付かされた時間になったんじゃないかなって思いますね。

気分が晴れやかな時に限りますね

モヤモヤしている時ではなく、晴れやかな気分の時にこそ風俗を楽しむべきかなって思っているんですよね。その方が圧倒的に楽しいような気がします。風俗って女の子がこちらにサービスしてくれますけど、それをどれだけ受け入れられるのかはこちらの気分次第でもあるじゃないですか。そうすると、結局の所コンディションとか気分とかによって満足度が左右されるってことを意味しているんですよね。だから風俗では自分の気持ちに余裕がある時がいいかなと。プロジェクトが終了した後とか、連勤が終わった時など、開放感に包まれて晴れやかな気持ちになっている時こそ狙い目ですね(笑)その時ばかりは自分自身の気持ちも高ぶっていることもあって、何気にいろいろなことを楽しめるんですよ(笑)女の子に対しても積極的に向き合うことが出来るというか。だから気分がそこまでじゃない時にはホームページを見るだけに留めて、開放感のある時に思い切り楽しんでいます。