歴史ある風俗店

文句なしの美女は最高でした

文句なしの美女と言っても良い風俗嬢とがっつり楽しんできました。あれだけ美形で、しかもおっとりしていて。男好みというよりも男殺しの風俗嬢ですね(笑)美人だと、それだけで違うものだなってことも思いました。普通に考えて、風俗って目をつぶっちゃえば別に外見なんて分からないって思うんですよ。それならテクニックが凄い風俗嬢の方が、快感は高まるんじゃないのかなって思うんですけど、結局そんなことはないんですよね。むしろ外見の良い風俗嬢を指名しておいた方が、自分の深層心理に「美女」の存在が刻まれるってことに気付かされたんです。だから風俗を楽しむのであれば、美人ですね。とにかく彼女、誰が見ても美形というんじゃないですかね。だから彼女を指名出来て良かったなと思いますし、それ以上に思ったのが彼女の落ち着き。若いのに落ち着いていて、一緒にいるだけでこっちとしてもいろいろな気持ちを楽しめたので、彼女はまた是非とも遊びたいものです。

欲求不満との付き合い方が見えてきた

イライラしたり、なぜだか分からないのに怒りっぽくなったり。これってきっと欲求不満ですよね(苦笑)それまで、この感情が一体何を意味しているものなのか自分でもよく分からなかったんですよね。でも最近、これが欲求不満なんだなってことが分かったんです。性欲を溜めすぎるとこれになってしまうと、そうならないよう適度にオナニーもしているんですけど、オナニーだけではどうしても解消出来ない部分もありますよね。それに関してはもはや風俗嬢の力を借りるしかありませんので、欲求不満が近づいているのかなって思った時には風俗に行って抜くようにしています。むしろそれがベストタイミングですよね。たまには女の子と一緒の時間を作って、抜いてもらって。これをすることで、確実に欲求不満を解消出来る自分がいるんですよ。それまで風俗はそこまで頻繁に足を運んでいた訳ではないんですけど、このメカニズムに気付いてからは割とよく行くようになりましたね。