歴史ある風俗店

いつもとは違うのもいいんですよね

この前初めて性感マッサージで遊んできたんですよ。風俗は大抵制覇したというか、それなりに楽しんだんですけど、そう言えば性感マッサージだけは今まで一度も楽しんだことがないなってことに気付いたんですよ。敬遠していた訳じゃないんです。本当に縁がなかったというか、身近な所に性感マッサージがなかったんですよね。でもこの前初めて性感マッサージで遊んだんです。風俗にもいろいろな世界があるなというのが第一印象でしょうか(笑)他の風俗のように、女の子を攻める必要がないので楽と言えば楽ですかね。だから女の子を攻めたい人にとっては性感マッサージはマッチしているとは言い難いですけど、女の子にとことん攻めてもらいたいとか、尽くしてもらいたいって場合には性感マッサージこそ理想そのものなんじゃないかなと思いますね。自分もその日は快感に溺れたいなって思っていたので性感マッサージにしたんですけど、大正解だったなって思っています。

充実感はいつでもという思い

充実感は自分の中で大きなものなんです。やっぱり常に求めていたいという気持ちもありますし、一方では日常生活の中ではなかなか得られないなっていう気持ちもありますよね。でも充実感はなかなか得られるものではないってことも分かっているんです。自分から何かをしなければ得られるものではないことくらいは自分でも良く分かっていますので、日常生活の中でプラスアルファが求められているんだなってことも良く分かるんですよ。そのために、仕事以外で自分なりにいろいろな時間を作っているつもりではあるんですけど、その中でも一番自分がお金を出すだけの価値があるよなって思うのは風俗なんですよ(笑)男としてあれ以上の充実感を覚えることはない。風俗にはそう思っていますので、何となく毎日がつまらないなとか、もっともっと自分でもいろんな気持ちになりたいとか、充実感を得たいなって思った時、風俗はとてもありがたいものでもあるので、つい足が向くんです。