歴史ある風俗店

余裕があれば思い出す風俗の味

精神的に、時間的に、そして金銭的に。いろんな面で余裕がある時にこそ風俗を楽しむようにしているんです。忙しい時や、あまりお金がない時。仕事が切羽詰まっていて追い込まれている時など、何かしら自分に余裕がないような時には風俗は敬遠します。せっかくなんです。がっつり楽しみたいじゃないですか。中途半端な気持ちになるのは勿体ないと思うんですよね。だから余裕があるというか、余裕が揃っている時には風俗でも楽しもうかなって気持ちになるんですよ。不思議なもので、余裕が出てくると風俗を楽しみたいって気持ちになってくるんです(笑)これって本当に不思議な気持ちですけど、そういった気持ちになった時には風俗を遠慮なく楽しむようにしているんです。そのタイミングで楽しまないでいつ楽しむんだっていう気持ちですよね(笑)ただ、それらの余裕がすべて揃うようなシチュエーションそのものがレアなので、案外風俗を楽しめる機会は多くはないんです(苦笑)

天邪鬼なんですよね、自分

天邪鬼だと言うことくらいは自覚していますので、風俗でも人気嬢よりは、あまり人気がないのかなと思うタイプの子を選びたくなってしまうんですよね(笑)こればかりは自分の性格なので仕方ないというか、それも一つの考え方なのかなって思って割り切っているんですけど、人気風俗嬢にしておいた方が無難だってことは分かっているんです。でも、それじゃ面白くないじゃないですか(笑)それよりは、ホームページでの扱いもそこまで大きくなく、さらには口コミを探しても出てこない。かといって新人でもなく、中堅に収まりつつあるような女の子が好みなんですよ。そのくらいの女の子だと、自分のために頑張ってくれるか、あるいはマイペースかのどちらかですね(笑)きっと他人からどう思われるのかは、あまり気にしないってタイプも多いんですよ。でも、そういったタイプの風俗嬢との一戦はある意味とても新鮮なんですよね。肩の力を抜いて楽しめるような気もしますし(笑)