歴史ある風俗店

終電?気にしなくなりました

昔は風俗を楽しもうって思ったらどうしても終電を気にせざるを得なかったんですよね。風俗で遊ぶ際、何分コースにするのかは大きなテーマですけど、予算よりもむしろ残り時間というか、会社帰りに風俗のお世話になることが多かったのでどうしても終了時間は気にせざるを得なかったんです。でもそれも今となっては懐かしい話なんですよね。なぜなら最近はデリヘルばかりなんです。デリヘルって、別に終電とか関係ないですよね(笑)終電が終わったとしても、じゃあ自宅とか自宅近くのホテルで楽しめばよいってだけじゃないですか。これがデリヘルの良さでもありますよね。他の風俗では絶対にそうはいかないじゃないですか。他の風俗と言うか、デリヘル意外のお店で営業している風俗であれば絶対にここは無視出来ない部分なんです。でもデリヘルならそこも特に気にする必要ないんですよね。これって相当ありがたい事なんじゃないかなって思いますけどね。だからこそ、デリヘル派なんです。

初めての風俗での緊張感

この前初めて風俗に行ってきたんですけど、物凄く緊張しました。今でもあの緊張は忘れられないレベルと言うか、鮮明に覚えているレベルです。むしろ人生であそこまで緊張した記憶がありません。それくらい緊張しましたね(笑)でも、利用しちゃえばそれはそれでそこまで緊張するような話ではないんだなってことにも気付かされるんですよね。こればかりは本当に何とも言えないというか、自分で言うのもなんですけど、そんなに大げさなことじゃないと思うんです。風俗嬢が自分に奉仕してくれる。言葉にすればただそれだけかもしれないんですけど、初めての自分にとっては緊張感が高まるのみならず、どんな世界なんだろうというわくわく感もあれば、楽しい時間になってほしいなと言う希望とか、いろんな気持ちがミックスされていたような気がするんですよね。そしてそれらの気持ちが上手くミックスされたうえで、とっても楽しい時間を過ごすことが出来たんじゃないかなって。